営業品目>防振工事・浮床工事>シロディン

シロディン

 AGK建築音響株式会社では、世界各国の鉄道で実績のあるゲッツナー社(オーストリア)のポリウレタン防振材 「シロディン」を使用し、地下鉄、電車、道路などの防音・防振工事をおこなっております。従来の防振ゴムに比べ、耐久性、耐候性にすぐれ、厚みが薄く省スペースで、施工も容易で工期も短縮できます。ロンドン、ニューヨーク、シンガポール、香港などの地下鉄をはじめ、各国の高速線まで数多くの実績ある防振材です。日本でも、小田急線の経堂から新宿区間に使用され高い評価を得ています。また、自走式の室内駐車場の車路、機械式駐車場の機械防振対策にも対応しております。
シロディンは単体で使用する工法の他に、グラスウールシロマーダンパー、シロマーブロック、AGK軽量防音壁システムといった複合商品の販売及び、施工もおこなっております。

シロディン概要            
  Sylodyn® 製品
 性 状 テスト方法 NB NC ND NE NF
 色   ピンク 濃黄 濃緑 濃青
 静的荷重範囲 [N/mm2]**   0.075 0.150 0.350 0.700 1.500
 許容面圧 [N/mm2]**    2.00 3.00 4.00 6.00 8.00
 損失係数 DIN 53513* 0.07 0.07 0.08 0.09 0.10
 静的横弾性係数 [N/mm2]**
 (静的荷重範囲上限の場合)** 
DIN ISO 1827* 0.13 0.21 0.35 0.61 0.80
 動的横弾性係数 [N/mm2]**
 (静的荷重範囲上限の場合)** 
DIN ISO 1827* 0.18 0.29 0.53 0.86 1.18
 引張強度破断時 [N/mm2] DIN EN ISO
527-3/5/100*
0.75 1.50 2.50 4.00 7.00
 伸び破断時 [%] DIN EN ISO
527-3/5/100*
450 500 500 500 500
 磨耗量 [mm3]*** DIN EN ISO 4649 1,400 550 100 80 90
 残留圧縮歪み [%]*** EN ISO 1856 <5 <5 <5 <5 <5
 静的縦弾性係数 [N/mm2]
 (静的荷重範囲上限の場合)**
  0.75 1.10 2.55 6.66 11.80
 動的縦弾性係数 [N/mm2]
 (静的荷重範囲上限の場合)**
DIN 53513* 0.90 1.45 3.35 7.70 15.20
 10 %変形時のひずみ強度 [N/mm2]** DIN ISO 844* 0.09 0.15 0.35 0.70 1.30
 使用温度範囲 [℃]   -30 ~ +70
 許容温度 [℃]  短時間**** +120
 燃焼性 EN ISO 11925-2 clase E/EN 13501-1
 * 各規格に準じたテスト。
 ** 形状係数 q=3、 製品の厚さ 25 mm にてテスト。
 *** 測定は密度に応じて可変パラメータを用いて行われます。
 **** アプリケーションに特化。

AGK防振材・制振材「シロディン」関連商品

 ● グラスウールシロマーダンパー

グラスウールシロマーダンパー

 グラスウールシロマーダンパーは、高性能なポリウレタン防振材「シロマー・シロディン」と高密度グラスウールを組み合わせた、12.5mmと薄く高性能な床衝撃対応防振材です。防振材の厚みがとれないマンション、オフィスの石貼フロアー・フローリング床や、体育館やスポーツ施設等に開発された新しい防振材です。

 ● シロマーブロック

シロマーブロック

 シロマーブロックは、高性能な弾性ポリスチレンフォームに、ポリウレタン防振材(シロマー・シロディン)を組み合わせた、グラスウール・防振ゴムの浮き床工法に替わる画期的な床防振システムです。耐水性に優れているため、ホテルの厨房、ジャグジーや、機械式立体駐車場設備、屋上公園などから、音楽スタジオ、シネコン、ライブハウス、ピアノ室、ドラム室、ダンススタジオなどの音響施設まで幅広い用途でお使い頂いております。

 ● AGK軽量防音壁

防音壁

 AGK軽量防音壁システムは、高層ビルなどで構造上荷重がかけられないが高性能な防音が必要な場合を考慮し開発された、防音壁です。ポリウレタン防振材シロマー、シロディンを使用することで、固体伝搬音を低減できるため、コンクリートや通常の軽量防音壁に比べ、マンションなどの上階、隣室の振動音防止に効果があります。防音・防振性能は、各場所、条件、ご要望にあわせ設計させていただきます。